ブログ

<<前へ次へ>>

暑中お見舞い申し上げます[山五フォトブログ]

投稿日時:2008/07/25(金) 21:24


暑い日が続いております。
今日もまた、暑い一日で御座います。

暑い中、元気に咲いている草花の様は何とも健気なしい事と
感じ入っております。
「元気を出せい」と励まされて居る様で御座います。

母が明治36年生まれで、細君の母もまた同じ年の生まれ
この細君の母ががいつも言って居りました。
「無理と頑固はするでない」と。
それでも「暑さにめげず」ハッスル、ハッスル。

先週は、3日間大阪に出掛けて参りました。
梅雨明け後の大阪も暑う御座いました。
マレ-シアから中古機関車の買い付けにお客様が訪日され
ましたので、その案内。
また、環境に優しい省エネ型のハイブリッド機関車の商議。
等々で・・・・・。

Business に加えて、楽しみがもう一つ。
大阪に出掛けますと必ず「伊勢の赤福」を買って帰ります。
帰りの列車のなかで細君にと(彼女は伊勢松坂の生まれ)
買い求めた赤福の包装を家まで待ちきれずに開いて、
4個ほうばったのは、ちょっとしたスリルと味わいを共に
しました。

家に帰って「ハイお土産」と渡して包みを見るや
「味見をしたのね」と言われあわてて「立ち直った赤福だけれど、
君が食べる前に品質を吟味してみたよ」と、こんな言い訳にも
ならないことを言ったりして笑われておりました。
「いいのよ、ありがとう御座います」と受け取る細君に
「うん、お茶でも出して貰おうか」とまた一個。

それにしても大阪は暑う御座いました。

入間市に住まいの友人からの花(ヤマユリ)の画像添付しましょう。
黄色のカンナは拙作のものです、チョット茹だり気味ですが・・・。


梅雨のお江戸から陸奥秋田小坂町へ[山五フォトブログ]

投稿日時:2008/07/24(木) 23:02


梅雨が明けて夏本番を迎えてみますと、紫陽花に囲まれた
梅雨時の事を思い出します。

鬱陶しい梅雨のお江戸から商用で、梅雨なか(中)の陸奥秋田
小坂町に行って参りました。

6月3日(火)6時56分東京駅発の東北新幹線こまち号に
合わせて家を出たのが6時20分頃、雨が降っていました。

訪問先秋田の小坂町は曇りとの予報。
「傘を持っていったら」と細君が折りたたみ傘を出してくれる。
「いいよ、秋田はくもりの予報だから」
「そんなら、駅まで一緒に行って、わたし傘持って帰ることに
 します」
「うん、助かるな」と家を出ました。

私の差す雨傘を持って帰るために駅まで送ってくれました。
前を歩く姿を見ながら、年相応になったなと愛しい思いで
駅まで・・・。
「行ってらっしゃいませ」と言われて「頼んだよ」と傘を渡す。

後ろを振り向かないことにしています。
お嫁に来た頃から変わりなく姿が見えなくなるまで見送って
くれる気配に心残りを覚えながら。

秋田駅で大館行きの普通列車に乗り込みました。
同じ様な出で立ちの女達が前の座席に並ぶ様に腰を下ろす、
親しい友達かも知れないと・・・。
隣には新聞を広げるサラリ-マン風の男、みんな無口で
静かな車内に、発車のアナウンスが響く。

二つ三つ駅を過ぎた辺りで、二人連れの女性の一人が声を
交わすでもなく下車ていった、友達ではなかった様です。
次の駅でまた同じファッションの女性が乗り込んできた、
この辺りの流行の身繕いかもしれないと思いながら。

秋田美人とはよく言ったもので皆さんなかなかの美人揃い。
彼女たちの若かりし頃を想像したりして。

小坂町は、大館から十和田湖に向かう途中にあります。
小坂精錬所の明治の頃のクラシックな建物(事務所)は今は
小坂町に寄付されて「小坂町記念館」として盛況でした。
16日(mon)に皇太子殿下がお見えになる、と町をあげての
大掃除で賑わっていました。

機関車の写真は、3月に撮ったのを戴いたものです。
花を撮る機会が無く、秋田から大館に向かう列車の中で
花の代わりと前の席の「秋田美人美男」を添えましょう。
「旦那一枚撮りましょう」とタクシ-の運転手さんに言われる
ままにポ-ズです。





梅雨のお江戸から陸奥秋田小坂町へ[山五フォトブログ]

投稿日時:2008/07/24(木) 23:02


梅雨が明けて夏本番を迎えてみますと、紫陽花に囲まれた
梅雨時の事を思い出します。

鬱陶しい梅雨のお江戸から商用で、梅雨なか(中)の陸奥秋田
小坂町に行って参りました。

6月3日(火)6時56分東京駅発の東北新幹線こまち号に
合わせて家を出たのが6時20分頃、雨が降っていました。

訪問先秋田の小坂町は曇りとの予報。
「傘を持っていったら」と細君が折りたたみ傘を出してくれる。
「いいよ、秋田はくもりの予報だから」
「そんなら、駅まで一緒に行って、わたし傘持って帰ることに
 します」
「うん、助かるな」と家を出ました。

私の差す雨傘を持って帰るために駅まで送ってくれました。
前を歩く姿を見ながら、年相応になったなと愛しい思いで
駅まで・・・。
「行ってらっしゃいませ」と言われて「頼んだよ」と傘を渡す。

後ろを振り向かないことにしています。
お嫁に来た頃から変わりなく姿が見えなくなるまで見送って
くれる気配に心残りを覚えながら。

秋田駅で大館行きの普通列車に乗り込みました。
同じ様な出で立ちの女達が前の座席に並ぶ様に腰を下ろす、
親しい友達かも知れないと・・・。
隣には新聞を広げるサラリ-マン風の男、みんな無口で
静かな車内に、発車のアナウンスが響く。

二つ三つ駅を過ぎた辺りで、二人連れの女性の一人が声を
交わすでもなく下車ていった、友達ではなかった様です。
次の駅でまた同じファッションの女性が乗り込んできた、
この辺りの流行の身繕いかもしれないと思いながら。

秋田美人とはよく言ったもので皆さんなかなかの美人揃い。
彼女たちの若かりし頃を想像したりして。

小坂町は、大館から十和田湖に向かう途中にあります。
小坂精錬所の明治の頃のクラシックな建物(事務所)は今は
小坂町に寄付されて「小坂町記念館」として盛況でした。
16日(mon)に皇太子殿下がお見えになる、と町をあげての
大掃除で賑わっていました。

機関車の写真は、3月に撮ったのを戴いたものです。
花を撮る機会が無く、秋田から大館に向かう列車の中で
花の代わりと前の席の「秋田美人美男」を添えましょう。
「旦那一枚撮りましょう」とタクシ-の運転手さんに言われる
ままにポ-ズです。





信州松本と安曇野の湯[山五フォトブログ]

投稿日時:2008/02/07(木) 19:20


南房総からは春を感じさせる花の便りを見聞きし・・・・・。
今日は雪が舞っているのを Office の窓越しに見ながら、
コ-ヒ-カップを手に、習志野市にお住まいの大先輩の
お庭に(少し遅い昼食を済ませて)思いを馳せております。

信州の宿の一面雪の庭とイメ-ジを重ねながら・・・。
食後のコ-ヒ-に味わいが添えられる感じです。

昨日は信州松本で軌陸車(レ-ルと道路のいずれも走行
出来る車両)の走行試運転。
そして車両の「燃費削減」「環境対策」商議と併せて出掛けて
参りました。

信州の寒さは江戸東京とは、かなりの違いがあります。
それでも「十割そば」「そばの実の白い部分だけのそば」
「二八そば」の三枚重ねの蕎麦は「さすが本場信州のそば」
と寒さを忘れて舌鼓。

そして昨夜は、創作エッセイの様にとでも言いましょうか。
若い頃信州塩尻へ転勤の際机を並べた友人と
松本駅での奇遇、紹介されて・・・・・・・。

北アルプスから中房温泉引湯 直引(イントウ ジカビキ)の
安曇野北アルプスの山の麓で湯に浸かり、現場で
冷え切った身体を、古い木枠の大風呂に熱い温泉で
暖めて居りました。
硫黄のせいでしょうか?肌がぬるぬるして100%の山から
パイプでの中房からの引湯温泉には若返った感じです。

今朝9:30.am.からの予定があり、ゆっくり出来なくて、
穂高 6:00.am.発、新宿 9:20.am.着「特急あずさ」にしました。
※ 宿を出たとき5:30.am.は真っ暗で、雪と凍てついた道を
  宿の送迎車で、駅までの雪道の15分は、かなり長く
  感じました。(スリルを味わったとの意を含め)

水仙は日比谷公園で撮ったものです。



信州松本と安曇野の湯[山五フォトブログ]

投稿日時:2008/02/07(木) 19:20


南房総からは春を感じさせる花の便りを見聞きし・・・・・。
今日は雪が舞っているのを Office の窓越しに見ながら、
コ-ヒ-カップを手に、習志野市にお住まいの大先輩の
お庭に(少し遅い昼食を済ませて)思いを馳せております。

信州の宿の一面雪の庭とイメ-ジを重ねながら・・・。
食後のコ-ヒ-に味わいが添えられる感じです。

昨日は信州松本で軌陸車(レ-ルと道路のいずれも走行
出来る車両)の走行試運転。
そして車両の「燃費削減」「環境対策」商議と併せて出掛けて
参りました。

信州の寒さは江戸東京とは、かなりの違いがあります。
それでも「十割そば」「そばの実の白い部分だけのそば」
「二八そば」の三枚重ねの蕎麦は「さすが本場信州のそば」
と寒さを忘れて舌鼓。

そして昨夜は、創作エッセイの様にとでも言いましょうか。
若い頃信州塩尻へ転勤の際机を並べた友人と
松本駅での奇遇、紹介されて・・・・・・・。

北アルプスから中房温泉引湯 直引(イントウ ジカビキ)の
安曇野北アルプスの山の麓で湯に浸かり、現場で
冷え切った身体を、古い木枠の大風呂に熱い温泉で
暖めて居りました。
硫黄のせいでしょうか?肌がぬるぬるして100%の山から
パイプでの中房からの引湯温泉には若返った感じです。

今朝9:30.am.からの予定があり、ゆっくり出来なくて、
穂高 6:00.am.発、新宿 9:20.am.着「特急あずさ」にしました。
※ 宿を出たとき5:30.am.は真っ暗で、雪と凍てついた道を
  宿の送迎車で、駅までの雪道の15分は、かなり長く
  感じました。(スリルを味わったとの意を含め)

水仙は日比谷公園で撮ったものです。



<<前へ次へ>>